映像制作の品質と費用のバランス

テレビCMに会社のPR、商品のPR、イベントで使用する映像、結婚式当日の様子を式の最後に流すという演出も人気があり、様々な場面で映像を使用する機会があります。そういった映像の政策を映像制作会社に依頼する際には、1社だけでなく、複数の会社に見積もりを依頼することをおすすめします。そして見積もりをもらったら、どの項目にどれくらいお金をかけているのか、各社を比較して確認してみましょう。映像制作においては、様々なことにお金がかかります。

まず、どのような設定でどのようなストーリーにするか、誰に出演を依頼するか等、映像内容の企画のための費用があります。次に、カメラや照明器具などの資機材と、それを扱うカメラマンなどの人件費など撮影のための費用、出演者の人件費やヘアメイク、スタイリストなど、出演にかかる費用、CG等の加工や映像の編集、効果音やBGMなどの編集をする編集スタジオの使用料などの編集のための費用、ナレーションを担当する人の出演料にナレーションを録音するスタジオの使用料、メディアを納品したり複製したりする際の費用等、様々な項目があります。それぞれの項目で、制作会社ごとに金額が違う場合は、その金額に応じた品質の映像となります。安かったのはいいがもっと凝った映像にしたかった、必要ない演出や効果まで使っていて高くなってしまった、ということがないように、どの程度の品質を求めているのか、求めている品質と予算のバランスがうまく取れているかをよく確認して、目的にあった映像制作会社を選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする