映像制作の費用の内訳とは

映像制作の費用は企画、撮影、編集のそれぞれの段階で必要となります。またその内訳は機材にかかる費用のように固定のものと、人件費など制作期間によって変わるものがあります。さらに日本各地には様々な映像制作会社が存在し、それぞれ得意とする作品の分野が違います。テレビ局の下請けとして番組の制作を行う会社もあれば、インターネットで公開するコンテンツの制作を行う会社もあります。

制作される映像作品の内容によって制作費に違いが出てきますが、基本的な内訳構成は共通です。企画の段階ではプロデューサーやディレクター、構成作家などがシナリオや台本の作成を行う他にも機材やスタッフの調達など撮影のための事前準備が行われます。企画に必要な費用は主にプロデューサーなどの人件費なので、より短い期間で事前準備の段階を終わらせることができれば費用の削減につながります。顧客が映像制作会社に仕事を依頼する前にある程度の企画を作成しておくことで、期間を短縮することも可能です。

撮影にはカメラマンや音声、照明の他にも役者やモデルの出演が必要となる場合があります。撮影期間が長期間にわたるほど人件費が増えて制作費に反映されます。長時間の映像を制作する場合でも、必ずしも撮影期間が長期化するわけではありません。撮影に必要となる期間は、求められる映像によって異なります。

映像制作の仕上げとして編集と加工が行われます。短時間の映像でもコンピュータグラフィックスのような特殊技術を使用する場合には、多くの費用が必要となる場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする