映像制作に必要な費用とは

映像制作は一般的に3つの段階を経て行われます。まず企画や構成などを考えたりシナリオ作成を行うプリプロダクションと呼ばれる段階があります。企画や構成を作成する期間が長くなるほど、プロデューサーやディレクター、構成作家などの人件費が増加します。なるべく早い段階で台本やシナリオを作成することで費用を抑えることができます。

顧客が映像制作を依頼するにあたって台本などを準備しておけばプリプロダクションの期間を短縮することが可能ですが、納得のできる作品を制作するためには制作会社とのコミュニケーションが必要です。制作会社を選ぶ際には、顧客への対応力の良さが重要なポイントになります。次に実際に撮影を行う段階がプロダクションと呼ばれます。この段階ではカメラマンや音声、照明や音響のオペレーターなど様々な職種が必要とされます。

また撮影用の機材やスタジオなども必要となります。撮影期間の長期化により人件費が増加するため、長時間の映像作品を制作する場合には費用も増える場合があります。どのような映像を撮影するかで実際の撮影期間には違いが出てきます。さらに映像制作の最終段階である編集と加工を行う工程をポストプロダクションと呼びます。

この段階ではナレーションや効果音、字幕などを付け加える作業が行われます。コンピュータグラフィックスなどの特殊技術を使用して映像の編集が行われる場合には、短時間の映像を制作する場合でも費用が必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする