映像制作では見積もりが大事

映像制作といえば、高額なイメージを持っているという人が多いでしょう。映像制作はどうしてそんなにお金がかかるのでしょうか。少しでも安くしたいという方は、見積もりをしっかりチェックするとよいでしょう。映像制作にはたくさんのお金がかかります。

わかりやすいところで言えば、撮影する機材や出演者へのギャラ、カメラマンやスタイリストなど撮影に関わるスタッフの人件費、ロケ地の使用料、衣装や小道具などの美術料などがあります。他にも、でディレクターや演出家などの人件費や、撮影した映像を編集する編集スタジオの使用料、ナレーションや効果音やBGMを調整するMAスタジオの使用料、映像の内容を企画する企画関連費、納品にあたってのマスターと複製メディアの作成料などがあります。CGを利用するとさらにお金がかかります。それらは内容ごとにいくらかかるか見積もりにしっかり記載されています。

出演者は有名人などを起用するとそれだけギャラは高くなりますし、撮影機材も高いものを使用すればそれだけ高くなる分、映像の質が良くなります。一つの映像を制作するにあたって、これだけたくさんの分野の専門家が集まるわけですが、映像の質を上げるためにはその専門家たちのギャラも、彼らが使用する機材の使用料も当然高くなります。つまり、映像制作において大事なのは、どの程度の品質の映像を作りたいのかという事です。お金をかければその分高品質な映像ができますが、予算との兼ね合いも大切です。

見積もりを確認して、予算と映像の質のバランスのとれた映像作成を依頼しましょう。動画制作のことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする