映像制作の求人には女性も応募できる

映像制作の現場で働いている人は男性が多いです。しかし、このタイプの求人には女性の方でも応募できます。映像制作の仕事は体力を使います。カメラなどの資材を運ぶことが多いからです。

また泊まり込みで取材に行くこともあります。これらのことから、男性に向いている求人だと思われています。確かにそのような面もあるのですが、女性が全く働いていないわけではありません。映像制作の現場で活躍している女性の数は徐々に増えています。

ただし、この種の求人に応募する時は、その会社の雰囲気や経営方針に注意する必要があります。昔からある会社だったら、保守的な場合があります。保守的な仕事だったら、女性を受け入れにくいと考えましょう。男性の方が能力があり、女性は劣っているとかが得ている上司がいる職場で働くのは避けるべきです。

この仕事をするには、自分の経験を強くアピールしなければなりません。面接のときに、これまでも仕事の内容を分かりやすく説明しましょう。そして、この仕事にかける意気ごみを面接官に伝えるようにします。面接のときに、不快なことを言われることもあるでしょうか。

例えば、あなたはこの仕事に向かないとか、女性はできないと言われることがあります。そんな時にひるんではいけません。冷静さを失って感情的になれば、採用は難しくなります。不快なことを言われても気にしないで、自分のことをアピールする必要があります。

それに成功すれば、採用が見えてきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする