経験のない人が映像制作の求人に応募できるか

映像制作の求人に経験のない方が応募するのは、簡単ではありません。ほとんどの求人が、映像制作の経験があることを応募の条件にしています。しかし、未経験者でも応募できる求人もあります。経験のない方は、映像制作の仕事にかける情熱を面接のときにアピールする必要があります。

現在は科学技術が発達しており、自分で何らかの映像を制作するのは難しいことではありません。自分で作った動画などがあったら、それを応募の時に提出してみましょう。そのような提出を認めないところもあります。大きな会社だったら、その傾向が強いです。

しかし、小さな会社やベンチャー系の企業だったら、あなたが製作した作品を見てくれるところもあります。それが全く認められないこともあるでしょう。しかし、見る人を惹きつけるものがあったら、採用の時に有利になることがあります。この仕事はセンスが重視されます。

経験がなくても、良いセンスをお持ちだったら、それが評価されて採用につながるでしょう。未経験であることは、採用の時はマイナスになります。しかし、経験のある人にくらべて斬新な考え方を持っていたり、人を驚かせるようなアイディアがあることを、アピールすることができたら、この業界に入れます。そのような新しい考え方を認めない会社もあります。

保守的な会社です。経営は安定しているかもしれませんが、長く働く気にはなれないところです。経験のない人でも、認めてくれるところを選びましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする