主婦が映像制作の求人に応募し働く長所と短所

主婦が映像制作の求人に応募し働くと、雑談をするのが楽しい、経験者が仕事を教えてくれるなどの長所が存在します。映像制作の仕事をしていると、お昼に休憩をする時間があります。その時は長期間働いている人と雑談をしてみるのもいいです。芸能界に関する色々な裏話だけでなく、世間では知られていないことを教えてもらえる可能性が高いです。

中には聞いていると面白いと感じる物が多いですが、話の内容は胸の内にしまっておき、誰にも教えないほうが無難です。あと、求人広告に初心者歓迎と書いてあった時は、経験がなくても働くことができます。主にベテランにあたる人が映像制作の仕事を教えてくれるため、一緒に動いたり真似をしながら仕事を覚えていきます。求人で採用してすぐは見習いになるので給料は低いですが、仕事を覚えてくれば戦力と見なしてくれるため、時給を上げてくれます。

それに芸能界の裏方にあたる仕事をしていることから、特殊な技術が必要なので、時給は高く設定してあります。なので頑張り続けると高収入につながります。短所は仕事を開始した直後は疲労困憊しやすい、道に迷うことがあるなどです。照明器具や色々な機材を持ち運ぶ機会が多いため、仕事が終わると疲労で動けないというのはありがちなことです。

家に帰る前に車の中で仮眠をとれば疲労回復に効果があります。また、ドラマ撮影をする時の現場へ行く時に、車で運転中に迷ってしまうことがあるので注意です。カーナビをつけたり、携帯電話のネットで地図を出しておくと対策に効果的です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする