動画投稿サイト用の動画制作のコツ

動画投稿サイト向けの動画制作をするなら、短時間の動画を作るのがおすすめです。できれば3分以内にコンパクトにまとめるのがおすすめです。そのような短い動画の方が多くの人に見てもらいやすいでしょう。30分とかの長時間の動画制作をしている人もいますが、そのような長尺の映像を見るのは、チャンネルの固定ファンの方がほとんどであり、新規視聴者を獲得しやすいのはやはり短時間のムービーといえます。

ただ、短ければいいというものでもありません。短くてもつまらなければ再生数を伸ばすことはできません。面白い動画を撮るには、とにかく企画を練りに練って考える必要があります。面白い動画にすることは個人のセンスに大きく左右されますが、見やすい動画をつくるのは誰でも努力でできることなので、必ず実行したいところです。

快適に視聴できる動画にするには、まず不要部分は徹底的にカットすることです。無駄なシーンが多い動画は、見ている方もだんだんイライラしてくるものです。不要な部分はバッサリ切り捨てて、テンポよくサクサク進む動画にした方が視聴者の受けがいいでしょう。少々手間はかかりますが、動画に登場する人物のセリフを字幕として表示すると、とても分かりやすい動画になります。

素人の動画制作では、マイクが貧弱だったり出演者の滑舌が悪かったりで、音声だけだと聞き取り辛いケースが少なくありません。セリフが字幕で表示されれば、上手く聞き取れなくても目で確認できるので、視聴者からすると有り難いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする