ライブ会場で貴重映像を残せる動画制作の会社の能力

音楽バンドを組んでいる方々の中には、定期的にライブハウスを借りて集客をした上でライブを開催することが行われています。音楽のライブでは音響設備が整っていることから、良い音質を常に保てる環境となるものですが、貴重な映像を残そうとしてスマートホンなどで動画制作を行った場合、集音マイクの性能の低さによって映像は綺麗であっても音源をリアルに再現することは難しい傾向にあります。完璧に高音質を保ったままで映像を残すことを希望した場合、個人ではなく動画制作を専門にする会社に問い合わせをして仕事の依頼をすることは最適な選択肢です。プロスタッフが活躍をしていることと、音質にこだわった集音も可能としている会社も多く、一応は撮影をして欲しい場面やタイミングなどを事前に伝えることは良い結果を生み出せますが、動画制作の会社では数多くの実績があればお任せでも問題はありません。

ライブが終わり動画撮影を済ませた後には、専門会社側でデジタル機器を用いて編集作業を行う方法なので、音の問題もクリアでき、楽器演奏の音と来客側の音声などを調整することも可能な会社は実在しています。映像自体は手を加える必要性はありませんが、オープニング画面とMCの場面、終焉となった場面、エンドロールなど高い技術力と高いデザイン能力によって追加してもらうことも依頼できます。結果的に、プロのようなプロモーションビデオを作る上げることに成功します。完成後はDVDに焼いて後日に送られてくるので、パソコンを使って複製をすることで応援をして下さるファンに対して商品として販売するアイテムにする用途でも完成度が高いので十分に対応できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする