動画制作による宣伝とスキル

ネットが使われる様になり、動画も共有可能になりましたが、ブロードバンドが広まるまではなかなか動画メインというものは難しい世の中でした。やはり読み込みに時間もコストも掛かりますし、作るのも大変です。ブロードバンドが広まったと思ったらスマートフォンが広まってしまい、外での閲覧がまたパケット料の問題に直結してしまいました。しかしそれも次第になんとかなる情勢になり、中でも外でも動画閲覧が当たり前になりました。

そうなってくると個人でも企業でもプロモーションに使いたい動画制作が注目を集めます。何より見た時のインパクトが大きいのが動画の特徴でしょう。そして文字を読むのに比べて勝手に目と耳に飛び込んでくるので、頑張って見る必要がありません。動画制作が出来るスタッフが社内にいれば、会社の宣伝動画や商品の宣伝動画などが簡単に作れます。

いなかったとしたら外部に動画制作を依頼する形になりますが、そのコストも下がって来たのではないでしょうか。スキルを持った人の数が増えると単価が下がるのは当然の事です。近年クラウドワークの隆盛により個人がスキルをアピールして会社から仕事を受けるという事案も増えています。彼らのスキルが上がって来て、安く受けるようになれば動画制作を行っている企業としても料金を下げざるをえなくなり、全体として安くなっていくのでしょう。

これだけ動画が溢れるようになった世の中なので、当然の流れかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする