動画制作会社が行っている作業

動画は長い間、未来のマーケティングメディアとして注目されてきましたが、現在では当たり前の存在になりました。マーケティング戦略の一環として動画を利用していないなら、取り残されることになるでしょう。社内にビデオ制作チームを雇う余裕がなくても、必要なビデオ制作サービスを提供する高い技術を持った会社がいくつもあります。今回は、動画マーケティングを担う会社を探す際に、見ておきたい動画制作の流れや動画制作サービスなどをご紹介します。

動画制作にはいくつかの過程があります。まずプリプロダクションは、クリエイティブやプランニングを含む映像制作サービスです。これには、以下のような映像制作サービスが含まれます。まず映像の目的とターゲット、見せ方などを定めることです。

続いて予算の策定や絵コンテ・アウトライン作成などを行います。裏方の仕事ですが、思い通りのビデオを作るには最も重要な部分でしょう。この作業を丁寧に行わなければ、最終的に必要な結果を得ることはできません。映像制作のプロダクションパートは、実際に映像を撮影することです。

プロデューサーは、コンセプトから完成まで、制作の全段階に携わります。これには予算やタレント、備品の調整などが含まれます。撮影監督は、監督と協力して、脚本に対する監督のビジョンを実行します。カメラと照明の部門を監督し、ストーリーを伝えるビジュアルを制作します。

映像の撮影が終わると、ポストプロダクションに入ります。この段階では、以下のような映像制作サービスが含まれます。まずファイル管理とビデオ編集、アニメーション制作です。さらにボイスオーバーや声優の録音、オーディオマスタリングなどもあります。

ポストプロダクトは、通常、撮影終了後に発生するすべての作業をカバーします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする