動画制作は動画の長さを決めておこう

動画制作を依頼するにあたり、動画の長さについても設定しておく必要があります。細かい設定ではなく、30秒以内にする、2分以内にするなどというように大まかな数字で問題ありません。ターゲットや配信媒体によっても変わってくるものの、なぜ動画制作の準備の段階で大まかな長さを考えておかなければならないのかは、長さにより動画製作費が変わることと、動画の中に盛り込むメッセージの数が変わってくるからです。一般的には動画の長さにより制作費が大きく異なります。

また詰め込むことができるメッセージの数も大幅に変わってくることでしょう。30秒前後の動画となった場合には、メッセージが一つか二つしか入れません。60秒以上のものの場合には、120秒になってもメッセージ数は三つまでです。例えばテレビ番組のような1時間程の番組であっても、メッセージは三つに絞るのが基本です。

その三つとは現時点の活動や実績、そして過去の失敗談や挫折経験、最後にこれからのチャレンジです。これ以上のものを盛り込んでしまった場合には、視聴者には刺さらなくなってしまいます。60秒以下の動画制作の場合には、一つか二つのメッセージに絞っておくことが大切です。自分で読む媒体とは異なり、動画の場合にはメッセージの数をそれほど詰め込むことはできません。

伝えたいものから逆算した上で、動画の長さを決めることも一つの手段となります。実際にメッセージを決めることができたら、ストップウォッチで計ってみるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする