動画制作の費用の内訳を確認しよう

動画制作にあたり費用が気になる人は多いですが、全体の費用だけではなく、費用の内訳について確認することも重要です。一般的に動画制作の費用は人件費と諸費用に分けられることになり、さらに三つの工程に分けられます。まず最初に企画ですが、企画はなぜ動画を作るのかその目的を確認して、スケジューリングを行う段階のことを指しています。目的を踏まえた上でその世界観を動画に表すためには、実写とアニメのどちらが良いのか、ナレーションは必要なのかなど、構成を練り上げていきます。

そして構成案を基にして綿密なスケジューリングを組み立てていくことになります。この時の費用の相場は10から50万円ほどであり、企画は動画の出来栄えを左右する重要な工程にあたるため、十分にすり合わせを行う必要があります。次に撮影ですが、スタッフやキャストなどの人件費に加え、交通費や宿泊費などもかかることになるでしょう。実写映像となるとさらにボリュームが高くなります。

どれだけの人材が必要で、どのくらいの期間で撮影するのか、規模により費用も大きく異なります。撮影期間は最短で1日、長いものであれば2週間になることもあり、その相場は8から35万円ほどです。これに加え機材が5から50万円などかかってくることでしょう。最後に動画編集ですが、およそ5から25万円ほどです。

編集の加工はこだわればいくらでも起こることが可能であり、その分クオリティも上がります。動画制作は手間をかければ費用も膨らむため、作業することも重要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする